女性を励ます 言葉

女性を励ます、とっておきの言葉とは・・!

スポンサーリンク

気になる女性が落ち込んでいる…どうにかして元気づけてあげたい…。
そんな悩みをもっている男性諸君に、女性を励ますとっておきの言葉をご紹介します。
気になる彼女が落ち込んでいる時、直接声をかけて話を聞いたり、飲みに誘ったりできる積極性やテクニックを持っていればよいのですが、「今声をかけても大丈夫かな」「そっとしておいた方がいいかな」と悩んでいる間にタイミングを失ってしまう男性も多いのではないでしょうか。
そんな時は、一呼吸おいてからメールで彼女を励ますという手段があります。
メールなら文面をじっくり考える時間がありますから、こちらとしても少し心の余裕ができます。
落ち込んでいる原因を知っていますか。
もし知らなければ、まずは「元気ないように見えたけど、大丈夫か」と気遣う文章から始めましょう。
女性は踏み込まれたくないと思えば、あるいは相当落ち込んでいて放っておいてほしいときには、返信内容は素っ気ないか返信がありません。
まずは出方を伺います。

スポンサーリンク

「実は…」と落ち込んでいる内容を話してくれた時には、その内容をよく読みます。
そして、次の返信で男性側は絶対に自分の考えを押し付けるような文章だけを送信してはいけません。
これは男女の脳みその違いです。
男性はすぐに解決策を模索しますが、女性は今の自分の感情を大切にしたがる生き物です。
ですから、大切なのは落ち込んでいる原因の追究や、解決策を具体的に示すことよりも、女性の気持ちに寄り添う言葉をかけてあげることです。
こうしたらどうかという提案のほかに、「そうだったんだ、心配したよ」とか「大変だったね」とか「それは辛いな」とか、ありきたりの言葉でいいので付け加えます。
女性の気持ちをまずは一度受け止めるのです。
さらに「いつでも相談して」という自分を頼ってもいいというアピールや、「ごはん食べに行こう」など気分転換に誘う内容を加えることができればなおよいです。
ただし、もし断られたとしても気まずそうにしない気遣いが大切です。
落ち込んでいるのですから、気分が乗らないことだってあります。
あくまで明るく、優しく、フォローに徹するのが、当たり前のようで一番効果的な女性を励ますテクニックです。

スポンサーリンク